MAKERS SPACE x 山口真人" /> 【Upcoming Exhibition】” stay pixelated ” MAKERS SPACE x 山口真人 – SH GALLERY
NEWS
  • HOME
  • ニュース
  • 【Upcoming Exhibition】” stay pixelated ” MAKERS SPACE x 山口真人

【Upcoming Exhibition】" stay pixelated " MAKERS SPACE x 山口真人

MAKERS SPACE x 山口真人
“stay pixelated”
1.15 (Sat.) – 1.29 (Sat.) 2022
12:00 – 19:00 (Closed on Monday)

SH GALLERYでは2022年の初展覧会として、立体キャンバスにピクセルを描き、ピクセル化をしていく現代アートをキャンバスや彫刻で表現をする MAKERS SPACE とインスタグラムやティックトックの自撮り(SELFY)イメージを描く山口真人のコラボエキシビジョン “stay pixelated” を開催致します。

二人のソロ作品や貴重なコラボ作品を展示する予定です。

皆様のご来場をお待ち申し上げております。⁡


About this exhibition

MAKERS SPACE に出会ったのは2021年の夏、”SELFY” の個展でのことだ。

本展示タイトルの “Stay Pixelated” は MAKERS SPACE 自身を示すキャッチフレーズで、MAKERS SPACEは “Stay Pixelated” を掲げカラフルなピクセルを通じて現代の世界がSNSを通じてピクセル化をしていく様子を、キャンバスや彫刻で表現をしている。”Pixelated” とは「デジタル動画などにおいて、不具合やビットレート不足により正方形状または長方形状の平板な小領域が画面上に発生している状態。」を指す。つまり “Stay Pixelated” は私たちに「ビットレートが足りない動画のような少しはバグっていよう」と言っている。デジタルデータが予測不能なブロックノイズを発生させるように、私たちは時折なにかが足りず、感情に揺れ、不合理な行動を起こすことがある。MAKERS SPACE はこうした不合理な私たちの感情をポジティブに肯定し、愉快なポップイメージに置き換え作品を描き上げているようにもみえた。

MAKERS SPACE と僕のコンセプトはSNS的なデジタルワールドとアナログが交差する曖昧な世界観を描くという意味で一致していた。コラボレーションの計画はとても自然に進み、MAKERS SPACE と僕のビジュアルは最後に残った二つのパズルを繋げるぐらい簡単にイメージをすることができた。スタジオでプロジェクターをカスタムキャンバスに映し、2人で簡単なシミュレーションをした時に、間違いなく「ヤバい」作品ができることを確信していた。

制作はまずは僕のほうでいつものようにステンシルとエアブラシでペインティングを制作し、その後ペインティングは MAKERS SPACE のスタジオにいき。MAKERS SPACE は職人的な技術で作品をカスタムし、ピクセルをひとつづつ丁寧に描き、4つのコラボ作品を完成させていった。

これらのコラボレーション作品はデジタルと現実世界のあやふやな繋がりを抽象と具象の両方の手法から表現している。いい意味で何が本当か嘘かわからない、不安定で加速度的な2020年代を象徴した、最高にポップな作品が生まれたと思う。

“Stay Pixelated” はエラーを楽しむ魔法の言葉なのかもしれない。いつも私たちの世界ではビットレートが不足して、誰かの手のひらのスマートフォンにブロックノイズを発生させている。ニック・ボストロムのシミュレーション仮説によれば私たちの世界は映画マトリックスのようなシミュレーテッド・リアリティの中に存在しているらしい。本当のところはよくわからないが、もしそれが本当だとしたら。私たちの世界はたまにビットレートが不足していて、カラフルなピクセルが世界に溢れているのかもしれない。

2022年1月
山口真人

I met MAKERS SPACE in the summer of 2021 at my solo exhibition called “SELFY”.

The title of this exhibition, “Stay Pixelated”, is a catchphrase that indicates MAKERS SPACE himself. The words “Stay Pixelated” shows how the modern world is pixelated through SNS. The expression “Pixelated” refers to “a state in which a small square or rectangular flat area is generated on the screen due to a defect or insufficient bit rate in a digital moving image or the like.” So “Stay Pixelated” tells us that it’s going to be a bit buggy, like a video data with insufficient bitrates. Just as digital data produces unpredictable block noise, we sometimes lack something, get emotional, and act irrationally. MAKERS SPACE positively affirmed these irrational feelings and seemed to replace them with funny pop images or bright colors.

MAKERS SPACE and my concept were in agreement in the sense that SNS-like digital and analog draw an ambiguous world view. The collaboration flow went so smooth. MAKERS SPACE and my visuals were as easy as connecting the last two remaining puzzles. When we projected both our works on a custom canvas in my studio and did a simple simulation, I was convinced that we could definitely make a “crazy” work which will blow peoples mind!! . We both kept repeating the words “yabai yabai yabai”.

First of all, I made the paintings with stencils and airbrushes as usual, and then sent the pieces to MAKERS SPACE studio. Where MAKERS SPACE customized the works with craftsmanship, carefully painted the pixels one by one, and completed four beautiful collaborative works.

These collaborative works express the vague connection between digital and the real world from both abstract and concrete methods. For the past few years the speed with which social media has reached and we don’t know what’s right or what’s actual reality but these artworks create a huge new meaning to it and make all those look as real as it is. “Stay Pixelated” may be a magic word to enjoy the error. Bitrates are always inadequate in our world, causing block noise in someone’s palm on a smartphone. According to Nick Bostrom’s simulation hypothesis, our world exists in simulated reality like The Matrix. I’m not sure if it’s true, but if it’s true. Our world sometimes lacks bitrates, and colorful pixels may be flooding the world.

January 2022
Masato Yamaguchi

MASATO YAMAGUCHI [ ARTIST INFO ]


 

 

Makers Space

Makers Spaceは、強い色彩のピクセルにインスピレーションを受け、シンプルでありながら洗練された作品を生み出しています。それぞれのトーンが一定のリズムで混ざり合い、平凡な形と複雑な形が組み合わさっています。彼は世の中の普通の面を非定型な方法で表現しています。

Makers Spaceは、ソーシャルメディア上で人々がピクセル化する写真シリーズ「Pixelation」を発表し、現在の問題である、私たちの生活が過度に露出されているのにもかかわらず私たちはピクセル化されることで、プライベートでありたいと願っていることに光を当てました。

彼自身は、身元や名前は全く重要ではなく、作品を通して他の人々にどのような影響を与えるかによって、隠され、ピクセル化されることを望んでいます。

今日、彼のピクセル化された世界のビジョンは、キャンバスや彫刻にエクスポートされています。

“Stay pixelated”

Makers Space finds his inspiration in his pixels with strong colours, this results in simple but sophisticated works. Each tone mixes in a certain rhythm, combining prosaic and complicated forms. He illustrates the ordinary aspect of the world in an atypical way.

Makers Space’s work started on social media where his “Pixelation” photo series featured people becoming pixelated – this shed light on a current issue, namely the overexposure of our lives, which we nevertheless wish to be private: by being pixelated.

He himself wishes to be hidden and pixelated as the identity or name is not important at all, just the work done and how it affects other humans.

Today, his pixelated vision of the world is exported to canvases and sculptures.

“stay pixelated”

Partner
Artist from gallery in France called Gallery Joyana


 
■About
SH GALLERY
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-20-9 WAVEビル3F
3F, 3Chome−20−9 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
TEL : 03-6278-7970
Email : info@shartproject.com
Website:https://www.shartproject.com

最新記事