Backside works.

profile

福岡を拠点に活動するアーティスト

Backside works.は、1980・90年代のアニメやマンガといったサブカルチャーの影響を受けたという。キャンバスにペインティング、シルクスクリーン版画やジクレーなどと混合させたミクストメディアの現代アートを制作し、マンガやアニメの制作方法を彷彿とさせるタッチで、連続したセル画の中から1コマを切り出したような瞬間的な表現が人気を博している。そしてまた、ストリートカルチャーとの親和性が高いことも特筆すべきと言え、広告からデザインまで幅広い分野で制作活動を展開している。

CV

2020年 artTNZ アートフェア SH ART PROJECTAFTArt Hunting SH ART PROJECTBackside Works. & 仲 衿香 SH ART PROJECT 東京個展「CHAPTER #GINZA」 SH ART PROJECT 東京ポップアップ「CHAPTER #SAGA」RoughCafe  佐賀学研「2021年度 中学保健体育」教科書表紙イラストを担当FOSSILE「BIG TIC」キャラクターを担当河合塾 2020年度キャラクターに採用
2019年 UNKNOWN/ASIA 大阪ポップアップショップ「DECADE FUKUOKA」 福岡

ヒロインを描く。-確か存在する彼女-

Backside works. が今取り組むのは「VALIANT GIRL」シリーズ。
勇敢な女の子の意味をもつ作品のコンセプトはヒロイン。

現代の多種多様な情報や価値基準に日々その様相を変化させるアートという世界。
その魔性のロジックに惑わされる瞬間はあるものの、作者の信念はただ一つ。
ヒロインの傍に居たいか。
主人公(貴方)のヒロインを描きたい。それのみです。

子供時代、映画やアニメの大好きなヒーローやヒロインの雑誌切り抜きや
付録を自室の壁に貼り付け想いを馳せていました。
その想いを大人になった今も取り戻してもらいたい。

実在はしないかもしれない。
でも確かに存在する彼女。
VALIANT GIRLはそんな想いで描いています。